世界一周を夢見て、航空機にお得に乗る方法をご紹介しますウェブマガジン - JAL・オン・ANA

JGC [JALグローバルクラブ] について

皆さんこんにちは!

今日は、JALのフライトの乗ったことがある人なら一度は聞いたことがあるであろう、JALグローバルクラブ(JAL Global Club : 通称JGC)について説明したいと思います。

よく空港のチェックインカウンターで、普通のカウンターの隣に「JALグローバルクラブ」と書いてある、仰々しい(笑)黒とゴールドの彩りのカウンターがあるのはご存じでしょうか。(以下写真です)。

普通のチェックインカウンターに向かう際に通り過ぎることもあると思います。ここ何だろうな、と気になったことはありませんか?

何となく普通のチェックインカウンターよりは高級そうな気がする、敷居が高そう、色々優先してくれそう、使える人は限定されそう、どうやったら使えるんだろう……そんな疑問を持たれたことは、飛行機に乗ったことがある方であれば一度や二度じゃないと思います。

せっかく飛行機に乗るのであれば、この特別そうなチェックインカウンターでサービスを受けてみたい、通常のレーンではなく優先レーンに並んでみたい、まだ見ぬ未踏の地であるラウンジを使ってみたい……

そんな思いを持つ人は少なくないのでは。ここでは、グローバルクラブなるところがそもそも何なのか、どうやって目指せばいいのか、どんなサービスがあるのか、どんな人たちがいるのか、などなど皆さんの疑問点について説明していきたいと思います。

仕事で海外出張が多くなりそうだという方、海外旅行にどんどん行きたい、行く予定だ、という方、これを機にせっかくなのでこのJGCを目指してみてはいかがでしょうか?

目指すべきものがあれば、たとえ大変な仕事だとしても(笑)普通のフライトもちょっと変わった視点で見られるかもしれませんね。

1.JALグローバルクラブとは

JALグローバルクラブとは

JALグローバルクラブは通称JGC(JAL Global Club)と言います。
簡単にいうと、JALの飛行機によく乗る上級者向けステータスのことです。

JALのステータスと聞くと、皆さんよく思いつくのはJALマイレージバンク(JMB)のステータスのことではないでしょうか。搭乗回数によってクリスタル、サファイア、ダイヤモンドとステータスとカードの色が変わっていく、あれです。ピンとこない方の為に、以下ではそのステータスと達成条件についてざっくりと纏めています。

JMBステータス クリスタル サファイア ダイヤモンド
カード
達成条件 毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で30,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便15,000FLY ON ポイント)以上
または30回(うちJALグループ便15回)以上かつ10,000FLY ON ポイント以上
毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で50,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便25,000FLY ON ポイント)以上
または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ON ポイント以上
毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で100,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便50,000FLY ON ポイント)以上
または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ON ポイント以上

これらのJMBステータスは、上記の条件を満たせば達成できますが、このステータスを楽しめるのは実は達成から翌々年の3月までです。

つまり、例えば2019年1月に達成した場合は翌々年の3月まで、つまり2021年3月までの2年とちょっとの間、このステータスを維持できます。でも例えば2019年12月にやっとの思いで念願のクリスタルを達成した場合、ステータス維持できるのは、これもやはり同じく2021年の3月までなんです。つまり1年と3か月

意外と短くないですか?せっかく苦労して念願のステータスを達成しても、そこからまたせっせと飛行機に乗ってFLY ONポイントを貯めていかないと、2年もしないうちにステータスははく奪(!!?)、普通の人に戻ってしまいます。でも大勢の人にとって、たまたまその年に飛行機に多く乗ることがあって運よく達成しても、翌年には飛行機に乗らなくなる、なんてことは普通にありますよね?

せっかくもらったステータスは維持したい、でもそんなに飛行機に乗る予定があるかどうかわからない、そんな人も多くいると思います。そんな人は、ぜひともJGCへの加入を目指すことをお勧めします。

その理由は簡単。JALマイレージバンク(JMB)のステータスは上記の通り期限が決まっていますが、JGCは一度入ってしまえば、制度上は半永久的に維持できるステータスだからです!

そしてそのサービスの内容は、JMBサファイアステータスとほぼ同等のサービスを受けることが出来ます。

つまり、一度加入条件を満たしてJGCメンバーになってしまえば、仮にJMBステータス自体がダイヤモンド/サファイア/クリスタルから脱落しても、JGCには残ることが出来、引き続きサービスを受けることが出来るということです。

素晴らしいと思いませんか?まさに「お・も・て・な・し」を標榜する日本ならでは!(いや、海外の航空会社に同等のサービスがあるかどうか、詳細調べておりません。もしかしたらあるかも?)

でも、どうしてこんな制度があるのか?推測ですが、JALの方はこう思ったのではないでしょうか。

「JMBのステータス(クリスタル/サファイア/ダイヤモンド)は有効期間を設けないと該当者数があまりに多くなってしまい付加価値が下がってしまう。

しかし、全てのお客様が継続的にJALに搭乗してステータスの維持に励めるわけではない………そうであれば、ある程度のステータスを達成したお客様はJGCという半永久的システムで囲ってしまえばJALを継続的に使ってくれるだろうし、他社にも流れることはないだろう」

確かにかゆいところに手が届く絶妙な制度だと思います。マイレージステータスの維持は無理でも、せめてこのJGCに加入したい!ということで、この目的の為だけに1年間頑張って飛行機に乗って加入条件を満たすようにすることを、巷では“JGC修行”とも言うようです。

このJMBシステムJGCシステムの並列が結構わかりづらいという声はたまに聞きます。

私自身も何となく全体像が分かったのは実はJGCに加入してからでした。当時仕事で海外に行く機会が非常に多く、いつのまにかJGCの加入条件を満たしていました。その時にJALから案内を頂いたので、特に深い考えもなく加入したのですが、今考えると、本当に「当時加入しておいてよかったぁ~」と思っています。

なので、皆さん。加入条件を満たし次第、速攻で加入手続きをとることをお勧めします。
JMBシステムと、JGCシステムのまとめは、本稿のチェック「4.JGCプレミア」で記載していますので、よろしければご参照下さい。

じゃあその加入条件とは何なのか、どうすればこのJGCメンバーになることが出来るのかを、次章で説明したと思います。

2.JGCに入るための条件について

このJGCに加入するためには、以下の二つの条件を満たす必要があります

  • まずJMBサファイア会員以上のステータスを保有していること。
  • 次に、JALクレジットカードのCLUB-A以上を保有していること。

この2つを満たさないと、残念ながらJGCに加入することは出来ません。

JMBサファイア会員以上のステータスを保有

上記 ”1. JALグローバルクラブとは”、で説明しています通りまずは飛行機に乗る回数を増やして、JMBサファイア会員になる必要があります。

1月から12月の間に50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、もしくは50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000 FLY ONポイント以上を達成しなくてはいけません。これが結構しんどい。どのフライトにどれぐらい乗れば、どれぐらいのFLYONポイントが付くのかというと、ざっくりですが以下ぐらいです。

  • 例1)東京―台北 片道で2,400FLY ON ポイント
  • 例2)東京―パリ 片道で6,600FLY ONポイント

つまり、例えば50,000FLY ONポイントを目指すのであれば、1年間のうちに台北へ10回、もしくはパリへ5回行く必要があります。これだとなかなか厳しいハードルのように見えます。そんなに行く機会ないよ、そんなの無理です、という声が聞こえてきそうですが諦めないでください。上記の例はあくまでも海外への渡航の例です。

国内だと

  • 東京―沖縄 片道で2,400FLY ONポイント (台湾と変わりません)
  • 東京―札幌 片道で1,400FLY ONポイント

となります。札幌への往復で2,800FLY ONポイント貯まります。17回往復すれば50,000FLY ONポイント達成!(これも結構しんどいでしょうか。)

とりあえず、仕事で国内外を回ることがあれば積極的に飛行機を使いつつ、それでも足りない分はご自分で旅行を計画し、JAL便を使うことで山頂は見えてきます。兎に角、ちりも積もれば山となる作戦で、まずはFLY ONポイントを貯めてサファイア会員になることを目指しましょう。

ちなみに、このFLY ONポイント数はその人のカードのステータスや買った航空券の種類などによっても変わってきますので注意してください。詳細かつ正確なFLY ONポイントの額を知りたい人は以下のJALのサイトから見てみると良いかと思います。
https://www.jal.co.jp/jmb/flyon_rn/
ただ、一つ注意して頂きたいのですが、JGCへの加入申し込みはJMBサファイア以上の会員資格を持つ期間中のみ申し込みが出来るということです。

この期間中にJALから案内が届くと思いますのでそれを見逃さず申し込んでください

昨日まではサファイア会員だったけど、今日からは違うとなった場合にはJGCへの加入資格を失いますので要注意!

JALクレジットカードのCLUB-A以上を保有

上記述べた“サファイア会員以上のステータス保有”と同じく、満たさなければいけない条件が、このCLUB-A以上のJALクレジットカードを保有することです。

具体的には、

  • CLUB-A
  • CLUB-Aゴールド
  • JALダイナース
  • プラチナ

のいずれかのクレジットカードを持つ必要があります。

以下、各カードの特徴と年会費について纏めている表です(以下表はJALのHPより)

JALアメリカン・エキスプレスカード JALダイナースカード
プラチナ CLUB-Aゴールドカード JALダイナースカード
本会員 33,480円(税込み) 20,520円(税込み) 30,240円(税込み)
家族会員 27,000円(税込み) 20520円(税込み) 23,760円(税込み)
JAL・JCBカード JAL・Master Card、JAL・VISAカード、JAL・JCBカード、JALカードSuica、JALカードTOKYU POINT Club Q、JalカードOPクレジット
JCBプラチナ CLUB-Aゴールドカード CLUB-Aカード
本会員 33,480円 (税込み) 17,280円(税込み)
JALカードSuicaは20,520円)
10,800円(税込み)
家族会員 27,000円 (税込み) 17,280円(税込み)
JALカードSuicaは20,520円)
10,800円(税込み)

全てのカードの真ん中にこのようなマークが入っているのにお気づきでしょうか?

JAL GLOBAL CLUBと書いています。これがJGCカードの証です。

JGC会員になるためには、この中のいずれかのカードを保有する必要があります。

つまり、お気づきかとは思いますが、最低でも10,800円/年(下段のCLUB-Aカード)は必要経費として掛かってくるということです。

逆に言えば、JALマイレージのステータスがなくなっても、一旦JGCに加入して、必要経費を払いこれらのクレジットカードを持っておけば、JGCのステータスは半永久的に保持できるということです。

ちなみに、私は下段の真ん中、JAL・Master CardのCLUB-Aゴールドカードにしています。年会費17,280円は決して安くはありませんが、費用対効果を考えると一番お得で使えるカードかなと思っています。(この辺の詳細は、“JALクレジットカード情報まとめ“にも書いていますので、ご参照ください。

以下は私のカードです。JALマイラーなのでほぼ全ての買い物をこのカードで決済しています。おかげで端っこが擦り切れてボロボロです)

ここまでつらつらと書いてしまいましたが、ご理解いただけましたでしょうか。もう一度繰り返します。JGCに入るためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • まずJMBサファイア会員以上のステータスを保有していること。
  • 次に、JALクレジットカードのCLUB-A以上を保有していること。

これさえ達成して一度JGCに加入しさえすれば、あとはこっちのもの。存分にJALのサービスを満喫することが出来ます。では、次にJGCのサービスとはどのようなものがあるのか、見ていきたいと思います。

3.JGCのサービス内容について

さて、JGCに加入するとどのようなサービスを受けることが出来るのでしょうか。以下では、JGCの主なサービスの内容についてまとめています。

マイレージ関連のサービス

①まず毎年初回のJAL搭乗の時に、3,000マイルがもらえます!

マイルの換算率は1%なので、普通に3,000マイルを稼ごうと思うと、30万円分の買い物をしてJALクレジットカードで決済する必要があります。

こう考えると、JGCに加入して毎年初回のフライト時に3,000マイルもらえるというのはかなりお得と感じませんか?

②次に、搭乗ごとにボーナスマイルがもらえます!

ボーナスマイルは、以下の式で計算されます。

区間マイル(通常マイル)x利用運賃の積算率xボーナスマイル積算率

このボーナスマイルの積算率は、

  • JGCだと35%
  • クリスタルで55%
  • サファイアで105%ダイヤモンドで130%

です。

つまり、JGCに加入していれば最低でも1.35倍のマイルが溜まっていくことになります。

わかりやすい例で私のマイル積算状況を以下載せてみます。(実際のJALマイレージバンクの画面です。私はJGCメンバーでダイヤモンド会員なので、ボーナスマイル積算率は130%になります)

予約・搭乗時のサービス

フライトを予約する際、搭乗する際には以下のようなサービスがあります。

  1. 会員専用予約デスク
  2. 優先キャンセル待ち
  3. 前方座席指定サービス
  4. 専用カウンターでのチェックインサービス
  5. 空港での優先空席待ち
  6. JGCエントランスの使用
  7. ファストセキュリティレーンの使用(成田空港第二ターミナルのみ)
  8. 空港での優先搭乗

私が最初に申し上げた「JALグローバルクラブと書いてある、仰々しい黒とゴールドの彩りのカウンター(以下写真)」とは、まさにこの④の専用カウンターでのチェックインサービス」を指します。確かに仰々しいですが、JGCメンバーが享受できるサービスのごく一部なんです!

また、JGCエントランスの使用や⑦ファストセキュリティレーンの使用なども非常にメリットありと感じています。

繁忙期になると空港はお客様でごった返しておりセキュリティに並ぶだけでも苦痛です。場合によっては20分~30分ならぶこともありませんか?そんな時にこういった優先ゲートや優先レーンを使えると、あっという間に通過することが出来ます。

手荷物に関するサービス

旅行や出張でお土産などどっさりと買った場合に、荷物が想定より多くなってフライトのチェックイン時に重量超過ということで追加料金を取られたことはないでしょうか?

JGCメンバーだとそんな心配も(ほとんど)ご無用!

JAL国内便の場合は通常プラス20kgまで、JAL国際便の場合は通常プラス一個(1個あたり32kg以内)まで、無料で預かってもらえます。(JAL便ではなく、ワンワードルドアライアンス加盟航空会社の場合は通常プラス1個または通常プラス20kgまでです。)

空港ラウンジの利用

JGCメンバーは空港にあるJALラウンジを使うことが出来ます(これは、クレジットカード会社が提供している空港ラウンジとは違い、航空会社が提供しているラウンジです)。JALの場合はSAKURA ラウンジが有名ですね。

私としてはこれが一番重宝しています!出張などでフライトに搭乗する前に、ラウンジで飲み食いして(!?)ゆったりと過ごすと、その後落ち着いて仕事が出来ます(気のせいかもしれませんが)。

基本的にJGCメンバーとして使えるラウンジはSAKURAラウンジです。ただJALマイレージのステータスでダイヤモンドをお持ちの方、もしくはJGCの中でも上位会員であるJGCプレミアというステータス(後で詳しく説明します)をお持ちであれば、First Classラウンジを使うことが出来ます!

ラウンジ使用の詳細条件はかなり細かく決まっており、ステータスによって、また空港によっても異なってきます。詳細をご覧になりたい方は、以下のJALのHPをご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/lounge.html

ノベルティについて

JGCメンバーであることの証として、スーツケースにつけるタグやJALオリジナルダイヤリーももらえます。

このタグを荷物につけていらっしゃる方、よく見かけませんか?JGCメンバーの証として、きらりと光っていますよね!

上記のサービス以外にも、JGCメンバーは、ホテルやレンタカーについて提携企業との特別割引や優待制度が使えたりします。

本当に色んなサービスが受けられてお得なメンバーシップですので、目指さない手はありません!より詳細な情報をお知りになりたい方は、HPで確認してみてください!
https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/

4.JGCプレミアについて

実は、JGCメンバーの中にも普通クラスと上位クラスがあります。

その名も“JGCプレミア”。一度JGCに加入しさえすれば、JMBステータスで言うところのサファイアクラスのサービスが受けられることは既に申し上げました。(マイレージステータスを失効しても、です)

しかし、JGC会員はJMBダイヤモンド会員になる労力より少しだけ少な目の労力で、ダイヤモンドクラスなみのサービスを受けられる可能性もあるのです!

それはJGCプレミアというステータスを達成することであり、その達成条件は以下です。
  • 毎年の1月~12月の12か月間で、80000FLY ONポイント(うちJALグループ便40,000FLY ONポイント)以上
  • もしくは80回(うちJALグループ便40回)以上の搭乗かつ25,000FLYONポイント以上

冒頭の表で説明しました通り、JMBダイヤモンド会員になるためには以下の条件を満たす必要がありました。

JMBダイヤモンド会員の条件

  • 毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で100,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便50,000FLY ON ポイント)以上
  • または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ON ポイント以上

このJMBダイヤモンド会員になる為の条件に比べると、JGCプレミアになるためのハードルは(少しですが)下がっているのがお分かりでしょうか?

このJGCプレミア会員になれば、受けられるサービスはダイヤモンドと同等ですので、目指せる方はぜひとも目指してみてはいかがでしょうか?JGCプレミアになると、以下のようなステータスカードをもらうことが出来ます。

さて、JMB会員やらJGC会員やら色々と出てきてややこしくなってきましたね。ここでこの二つの会員システムをわかりやすくまとめてみたいと思います。

通常のJMB会員 更にJGC会員
ダイヤモンド
無し
(JGCプレミア)
サファイア 【ここでJGC加入!】→
クリスタル






(JGCワンワールドサファイヤ)

通常のJMBだと、左列のクリスタル→サファイア→ダイヤモンドですが、JMBサファイアを達成した時点でJGCに加入できれば、右列に移ることが出来ます。

右列のカードの真ん中には全てJGCのマークが入っていますよね?

JGCに入れれば、今まで述べてきたサービスを半永久的に受けることが出来ます!皆さん、ぜひ目指してみて下さい。

JAL上級会員ダイアモンドの特典を解説

 

5.ワンワールドアライアンスにおけるステータスについて

ワンワールドアライアンスとは

JALをはじめ世界各国の航空会社が加盟している組織です
※ワンワールド以外には、スターアライアンスとスカイチームがあります。

JALマイレージステータスを持っている人やJGCメンバーである人は、世界各国の空港で、このワンワールドグループが提供しているサービスも受けることが出来ます!

ここでは、JGCのメンバーに対して、ワンワールドとしてどのようなステータスがあるのか、どのようなサービスがあるのか、簡単にご紹介したいと思います。

ワンワールド・エリートステータス

ワンワールドが提供するステータスはワンワールド・エリートステータスと呼ばれ、以下3つの区分があります。

それぞれにステータスに対して、以下のサービスを受けることが出来ます。(以下、JALのHPより)

エメラルド サファイア ルビー
ファーストクラスチェックインカウンター × ×
ビジネスクラスチェックインカウンター
ファーストクラスラウンジの利用 × ×
ビジネスクラスラウンジの利用 ×
予約時/空港での優先キャンセル待ち
空港での優先搭乗 ×
ファストセキュリティレーン × ×
手荷物許容量の優待 通常プラス1個または通常プラス20kg エコノミークラス搭乗時
<個数別>
通常プラス1個23kg、最大2個まで
<重量制>
通常プラス15kg
プライオリティバッゲージサービス

JGCメンバーに対してのサービス

基本的に、JGCのメンバーで、以下の①~③の人たちに対して、上記のワンワールド・エリートステータスの“サファイア”クラスが与えられます。

  1. JMBステータスを持っていない人
  2. JMBクリスタルクラスを持っている人
  3. JMBサファイアクラスを持っている人
そしてJGCプレミアのメンバーに対しては“エメラルド”クラスが与えられることになります。

これによって、仮にJGCがカバーしきれていないサービスや地域でも、代わりにワンワールドがカバーしていれば、そのサービスを受けることが出来ます。

しかしながら、JMBステータス、JGCステータス、ワンワールドステータスなど、色々とこんがらがって複雑ですよね!?旅に慣れている人でも100%活用しきれている人はなかなかいないのではないでしょうか?(私もまだまだ修行中です)

とりあえず、ごちゃごちゃ考える前に、まずはJGC加入を目指しましょう!

おわりに

皆さん、長文読んで頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか。果たしてJGCが何なのか、皆さんのご理解の一助になれれば幸いです。

他の国の航空会社のサービスは正直よく知りませんが、JGCは(ひいき目に見ても)よくできた制度だなぁと思います。

かゆいところに手が届くというか、JMBステータス(クリスタル/サファイア/ダイヤモンド)の維持は無理でも、JGC加入までなら何とか頑張れる!という絶妙な位置にある制度です。(逆に言えばJALさんの弛まぬマーケティング力のたまものかもしれません)。

単に飛行機に乗るだけではなく、それに関連した色々なサービスを受けられると乗る方としても楽しみが増えますし、次も頑張ろう!と思えますよね。

ぜひ、皆さんもこのJGCに加入して、仕事・旅行のフライトに一味二味つけて旅を楽しんでみてください!

 

↓こちらの記事もよく読まれています↓

JALの上級会員になる方法と裏技!各ステータス特典にも注目してみた

 

関連記事

お問合せ