世界一周を夢見て、航空機にお得に乗る方法をご紹介しますウェブマガジン - JAL・オン・ANA

JAL上級会員ダイアモンドの特典を解説

皆さんこんにちは!皆さん、JALのマイレージバンク(以下JMB)はご存じですよね?

JALの搭乗回数が多い人向けに用意されている会員制度です。

搭乗回数によって、

  1. マイル
  2. FLY ONポイント

の二つを貯めていくことが出来ます。

最初の①マイルは、飛行機への搭乗だけではなく、日々の買い物でも貯められますし使えます。(クレジットカードタイプの場合)

また、後者の②FLY ONポイントは、飛行機に乗るたびにもらえるポイントのことで、その累計数によってクリスタル、サファイア、ダイヤモンドと、ステータスが順々に上がっていく仕組みになっています。

逆に言えば、買い物でマイルを貯めるだけだと、FLYONポイントは貯まらないので、ステータス獲得にはつながりません。

このステータスカードを獲得すると、例えば優先カウンターでチェックイン出来たり、手荷物検査をするときに優先レーンを使えたり、出国検査を終わった後に、航空会社ラウンジを使えたり、優先搭乗出来たりと、色んなメリットがあります。

このJMBは既にご存じの方も多いと思います。色んなサイトでも紹介されていますし、マイルの使い道が色々広がっていますので、テレビや新聞、様々な広告でも目にする機会も多いのではないでしょうか。皆さんの中にも、既に一定のステータスカード、例えばクリスタルやサファイアをお持ちの方も多いのではと思います。

一方で、そのJMBの中でも上級会員とされるダイヤモンド会員と、JGCプレミア会員については、そこまで数は多くはないのではないでしょうか。

(とはいっても当然数は多いと思います。クリスタルやサファイアと比較して相対的に見ると少ないのでは、という意味です)

ということで、本日はそのJMBの上級会員と言われるダイヤモンド会員についてご紹介したいと思います。どんな人がそのステータスを獲得するのか、どうすればなれるのか、達成したらどんなサービスがあるのかなどなど、紹介していきたいと思います。

1.ダイヤモンド会員になるための条件について

ダイヤモンド会員の話をする前に、ご存じの方も多いと思いますが、JMB FLYONプログラムとステータスについてさくっとおさらいします。

JMB FLYONプログラムとは

毎年1月~12月の間に搭乗した回数や行先に応じてポイントが貯まる仕組みです。

その累計数によって以下のようなステータスを獲得することが出来ます。

右に行けば行くほど獲得難易度が高くなります。このステータスの違いによって、受けられるサービスも違うことは皆さんご存じかと思います。

ステータス クリスタル サファイア JGCプレミア ダイヤモンド
カード

さて、皆さんが最上位ランクであるダイヤモンド会員になるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 毎年1月~12月の12か月間で、100,000FLY ONポイント(うちJALグループ便50,000FLY ONポイント)以上
  2. または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ONポイント以上

どれぐらい飛行機にのればこのステータスを達成できるのでしょうか。ざくっと計算してみました。目的地を近めと遠めの外国ということで、仮に台北とパリの二か所にしてみます。

東京―台北 片道 2,400FLY ON ポイント
東京―パリ 片道 6,600FLY ONポイント

つまり、例えば達成基準である100,000FLY ONポイントを目指すのであれば、1年間のうちに東京と台北を20往復、もしくは東京とパリを8回往復する必要があります。(国内だともっと頻度が高くなります)。

これはちょっと高いハードルかもしれません。

ちなみに、このFLY ONポイント数はその人のカードのステータスや買った航空券の種類などによっても変わってきます。

詳細なFLY ONポイントの額は以下のJALのサイトから参照できます。
JALマイレージバンク|JALグループ便ご利用路線のFLY ONポイントを簡単計算!

よって、必然的にこのダイヤモンドクラスを達成している人は会社員で出張族の人が多いのではないかと思います。

かく言う私ももれなく会社員で出張族です。海外出張の頻度は、だいたい月に1回か2回ぐらいでしょうか。場所は、近場は中国や台湾から、遠くはアフリカまで。なので比較的マイルやFLY ONポイントが貯まりやすい状態ではあります。以下は現在の私のステータス表示です。

これは実際に私が持っているダイヤモンドカードです。JALのカウンターではシステムでわかるので、このカードを常時携帯することはしていません。家に保管しています。

正直、ダイヤモンドとはいえ別に自慢になるものではありません。たまたま海外向けの仕事が多い部署に配属になっていて、会社のお金でせっせと出張に行かせてもらっているだけですので…。ただ、少なくとも本稿の話が、経験に基づいた話であることはご理解頂けるかな、と思います。

2.ダイヤモンド会員が受けられるサービスについて

さて、ここからはダイヤモンド会員が受けられるサービスについてご紹介したいと思います。

JMBステータス会員であれば、色んなサービスが受けられますが、その中でも青い文字のサービスが、ダイヤモンド会員(&JGCプレミア会員)のみが使えるものサービスになります。

各クラスの比較表がわかりやすくJAL HPにまとまっていますので、参照してみてください。
JAL|FLY ON Services

予約時のサービス

  1. 専用予約デスク
  2. 予約時の優先キャンセル待ち
  3. 国内線・国際線前方座席指定サービス
  4. 国内線先行予約サービス
  5. 国内線特典航空券先行予約サービス

ダイヤモンド以外でも使えますが、③前方座席指定サービスは結構重宝しています。

時と場合によっては飛行機降りてすぐに会議へ直行、時間に追われるというケースもあるため、少しでも時間を削りたい場合は、あらかじめこの前方座席指定サービスを使うと、着陸後すぐに空港を出られます。

一方で、今はJMBダイヤモンド(&JGCプレミア)しか使えない④国内線航空券先行予約サービスですが、2019年9月10日以降に以下のように制度が変わりますのでご注意下さい。
予約開始可能な日 ノーマル JMBダイヤモンド会員
JGCプレミア会員
2019年9月10日前 搭乗の2か月前 搭乗の2か月前+2週間前
2019年9月10日以降 搭乗日の330日前 搭乗の330日+4日前

ダイヤモンド会員やJGCプレミア会員は、今まで2週間のアドバンテージがあったのが、4日に縮まってしまいますが、先行予約という意味ではその柔軟性は広がるのではないでしょうか。

搭乗時のサービス

  1. 専用カウンターでのチェックインサービス
  2. 空港での優先空席待ち
  3. 受託手荷物無料許可量の優待
  4. ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場
  5. JALグローバルクラブエントランス
  6. ファストセキュリティレーンの使用
  7. ダイヤモンド・プレミアラウンジの使用(国内便)
  8. JALファーストクラスラウンジの使用(国際便)
  9. カードの提示によるラウンジの使用
  10. 国内線・国際線優先搭乗
  11. プライオリティバッゲージサービス

ここは結構重宝していることが多いです。

例えば④ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場は国内線ターミナルに設置されている専用検査場です。

JGCメンバー専用のチェックインカウンターでチェックインした後、その横に仰々しく(?)入口があります。一般の検査場がずらっと並んでいるときにここの保安検査場を使えると、本当になくサクッと通過できてストレスフリーですよ。

また、⑦ダイヤモンド・プレミアラウンジは、国内線のJAL上級ラウンジ、⑧JALファーストクラスラウンジは国際線のJAL上級ラウンジのことを意味します。

以下の表に、どの空港に、その“上級ラウンジ”があるのかまとめています。

国内便用ラウンジ ラウンジの種類
新千歳空港 ダイヤモンド・プレミアラウンジ
サクララウンジ
青森空港 共有ラウンジ
仙台空港 サクララウンジ
成田空港 サクララウンジ
羽田空港 ダイヤモンド・プレミアラウンジ
サクララウンジ
小松空港 サクララウンジ
中部空港 共有ラウンジ
伊丹空港 ダイヤモンド・プレミアラウンジ
サクララウンジ
関西空港 サクララウンジ
岡山空港 サクララウンジ
広島空港 サクララウンジ
松山空港 サクララウンジ
福岡空港 ダイヤモンド・プレミアラウンジ
サクララウンジ
熊本空港 サクララウンジ
宮崎空港 共有ラウンジ
鹿児島空港 サクララウンジ
那覇空港 ダイヤモンド・プレミアラウンジ
サクララウンジ

※青森、中部、宮崎空港のラウンジはJAL運営ではなく、各社共有のラウンジです。

この表を見ると、国内には新千歳空港、羽田空港、福岡空港、那覇空港の4か所に、“上級ラウンジ”があることがわかります。普通のラウンジと、この上級ラウンジがどう違うのかについては、また別のレポートで報告します!

以下は国際線のJALラウンジです。

国際便用ラウンジ ラウンジの種類
羽田空港 ファーストクラスラウンジ
サクララウンジ
成田空港 ファーストクラスラウンジ
サクララウンジ
関西空港 サクララウンジ
中部国際空港 サクララウンジ
ダニエル・K・イノウエ国際空港 サクララウンジ
サンフランシスコ国際空港 サクララウンジ
フランクフルト空港(ドイツ) ファーストクラスラウンジ
サクララウンジ
スワンナプーム国際空港(タイ) サクララウンジ
ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン) サクララウンジ

こう見ると、JALの“上級ラウンジ”があるのは、日本(羽田・成田)以外ではドイツのフランクフルト空港だけになります。が、海外ではJALラウンジがない空港でも、ワンワールドが提供しているラウンジがあるので、そちらを使えます!

私は海外出張が多いので、羽田や成田の国際線ファーストクラスラウンジをよく使うのですが、本当に快適です!ワインやチーズが揃っていたり、鉄板焼きがあったり、寿司バーがあったり、靴磨きサービスがあったり。

あまりに快適なので、あえて会社での仕事を早々に切り上げて前倒しで空港到着、ゆっくりラウンジで過ごす時間を取っている人は私だけではないと思います(笑)

この上級ラウンジの詳細な内容についても、別の機会にレポートしたいと思います!

 ボーナスマイル

JAL アメリカン航空に乗った場合は130%
British Airways イベリア航空に乗った場合は100%

ボーナスマイルとは、搭乗した際に付与されるマイル以外に、追加でもらえるマイルのことです。ボーナスマイルは以下の式で計算されます。

区間マイル(通常マイル)x 利用運賃の積算率 x ボーナスマイル積算率

このボーナスマイルの積算率は、

  • 会員だと35%
  • MBクリスタルで55%
  • JMBサファイアで105%、
  • JMBダイヤモンドで130%

です。

つまり、ダイヤモンド会員は一番お得なマイルの稼ぎ方ができるということです!

わかりやすい例で私のマイル積算状況を以下載せてみます。

東京からパリに行くと、普通に6,000マイル以上はもらえますが、ボーナスマイルとしてその130%分(8,000マイル以上)が追加でもらえちゃうのです!すごいと思いませんか?ビックカメラもびっくりのポイント還元率です。

その他の特典

  1. ダイヤモンド特典航空券
  2. マイル有効期限の廃止
  3. JAL国際線機内販売事前予約
  4. パイロット体験事前予約
  5. JALとっておき逸品限定商品
  6. 新羅免税店での優待
  7. サービスセレクション

この中で意外と重要だと個人的に思っているのは、②マイル有効期限の廃止です。

普通、マイルは獲得から36か月が有効期限です。なので、マイページのマイルの欄に、“有効期限別マイル”といのが記載されており、今年X月まで有効がXマイル、翌月にはXマイル、と刻々と締め切りが迫っているようなプレッシャーがあります。なので、細切れでマイルを使っていけなければいけないケースも出てきます。

しかしマイルの有効期限がないと、極端な話3,4年はマイルを使わずにひたすら貯めることに専念することもできます。そうすれば、数年後に家族で2週間の海外旅行を全部マイルで!なんてことも可能なんです。

また、今後やってみたいと思っているのは、④パイロット体験です。

これは、JALにあるフライトシュミレーターでパイロット体験が出来るサービスです。参加できるのはJMLダイヤモンド(もしくはJGCプレミア)会員と同伴者一名で、30,000マイル必要ですが、普通では絶対に出来ない経験ではないでしょうか。

年頃の子供を連れて体験させてあげれば、「将来パイロットになりたい!」なんて言い出すかもしれません(笑)もし行ったら、これもレポートします!

最後に、サービスセレクション!これもすごいですよ。

JMダイヤモンドとJGCプレミア会員は、1年に1度、以下5つのコースから選んでそのギフトをもらうことが出来ます。

eJALポイントコース

  1. パートナーステイタスコース
  2. スマートギフトコース
  3. JALクーポンコース
  4. 選べるギフトコース

eJALポイントとは、マイルとは別のポイントで、マイル同様に国内外の航空券購入やツアー購入に使えるポイントです(1ポイント=1円)。

ダイヤモンド会員だと、なんと1年間に60,000ポイントもタダでもらえるのです!(JGCプレミアだと30,000ポイントです。)

実はマイルはeJALポイントに変えられますが、eJALポイントをマイルには変えられません。

一方でマイルは航空券購入のみならず、WAONやPONTAに変えることが出来たりと幅広い用途があります。

つまり、純粋に“航空券を買いたい“という目的であれば、マイルを消費するよりもeJALポイントを消費したほうが良いのです。

そういった意味では、毎年何もせずに60,000円分の航空券相当のポイントがもらえる、というのはすごいことですよね!

もしこのeJALポイントコースを選ばない場合は、その他4つのコースから選択することになります。どのコースを選んでも、JMBダイヤモンド会員の場合はだいたい60,000円ぐらいのクーポンやギフトがもらえることになっています。

3.ワンワールドアライアンスにおけるステータスについて

ワンワールドアライアンスとは

JALをはじめ世界各国の航空会社が加盟している組織です。
(ワンワールド以外には、スターアライアンスとスカイチームがあります)。

JMBステータスを持っている人は、世界各国の空港でこのワンワールドグループが提供しているサービスも受けることが出来ます

ワンワールドが提供するステータスはワンワールド・エリートステータスと呼ばれ、以下3つの区分があります。

それぞれにステータスに対して、以下のサービスを受けることが出来ます。(以下、JALのHPより)

エメラルド サファイア ルビー
ファーストクラスチェックインカウンター × ×
ビジネスクラスチェックインカウンター
ファーストクラスラウンジの利用 × ×
ビジネスクラスラウンジの利用 ×
予約時
空港での優先キャンセル待ち
空港での優先搭乗 ×
ファストセキュリティレーン × ×
手荷物許容量の優待 通常プラス1個または通常プラス20kg エコノミークラス搭乗時
【個数別】
通常プラス1個23kg、最大1個まで
【重量制】
通常プラス15kg
プライオリティバッゲージサービス

JMBダイヤモンド会員に対しては、ワンワールドでの最上位クラス “エメラルド”クラスが与えられることになります。

これによって、仮にJGCがカバーしきれていないサービスや地域でも、代わりにワンワールドがカバーしていれば、そのサービスを受けることが出来ます。

例えば、JALラウンジがない海外の空港でも、ワンワールドが提供しているラウンジがあれば使えたりします。とっても便利なステータスなんです!

4、おわりに

皆さん、読んでくださってありがとうございます。

ダイヤモンド会員がどのようなものか、どうすればなれるのか、その実態やサービスについてご理解頂けたでしょうか。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

このダイヤモンド会員、正直獲得するのも、維持するも相当な労力を使います。

でも一度その便利さを味わうと、なかなか手放したくないものです。

上級ラウンジを初め、他ではなかなか味わえない色々なサービス、ぜひ皆さんにも味わって頂きたいです。

このステータスの獲得・維持をモチベーションとして(!?)一生懸命仕事に励むのもアリではないでしょうか!

 

JALの上級会員になる方法と裏技!各ステータス特典にも注目してみた

関連記事

お問合せ