世界一周を夢見て、航空機にお得に乗る方法をご紹介しますウェブマガジン - JAL・オン・ANA

普段の生活をしていて、旅行へいくことができるANAマイルの秘密

これまでマイレージといえば、飛行機に乗る人しか馴染みがなかったのではないでしょうか。しかし定期的に飛行機に乗る人でも、フライトマイルを貯めるのは簡単ではありませんでした。

最近ではフライトマイル以外でもマイルを貯める方法が多くあり、多くの人が無料で旅行を楽しんでいます。

ここでは飛行機にもなかなかならない人がどのように無料旅行券をゲットできるかをご紹介します。決して難しい事をする必要はなく、日ごろから少し工夫をすることでマイルを貯めることができるのです。

また費用がかかるわけでなく、普段の生活に必要なことをマイルに変えることができるのです。少しの工夫でマイルを貯めることにより、無料航空券の他、ショッピングやホテル宿泊、またレストランなどを利用することができるようになります。

それではなぜANAマイルがおすすめなのか、またANAマイルの貯める際に工夫をする点や注意点をご紹介いたします。

ANAのマイレージがおすすめ

マイレージサービスはどの航空会社でも提供しており、まずどのサービスを選ぶか迷うことがあるでしょう。飛行機をよく利用される方であれば利用する航空会社のマイレージを選ぶことが多いでしょう。

日本の航空会社で選ぶとき JAL か ANA とで選ぶことが多くなるでしょう。大きく違うのはボーナスマイルです

JAL であれば搭乗しないとボーナスマイルは発生しないのですが、ANAであれば1000マイル以上のボーナスマイルが加算されるのです。

また提携しているクレジットカードを持っていればさらにボーナスマイルをもらうことができるANAに対して、 JAL は初回搭乗時に着くボーナスマイルの変更はありません。

このことからANAの方がマイレージを貯めるのにメリットが大きいのです。

飛行機のない人はクレジットカードの利用額に応じてマイレージを貯めることが一番なのですが、それだけではなかなかマイレージはたまりません。

ボーナスマイルがあるかどうかでマイレージの貯まりやすさが大きく異なってきます。

ANAカードが便利

飛行機に乗ること以外でマイレージを一番貯めやすい方法は、ANAカードを利用することです。

他にもANAのマイレージ貯めることができるクレジットカードはありますが、ANAカードが最もマイレージが貯まりやすいといえます。

ANAマイレージモールというショッピングサイトがあり、 楽天、イトーヨーカドーやベルーナ、 ニッセンなどよく使われる通販サイトが登録されています。

このショッピングサイトにマイレージの番号を登録しておけば、それぞれの購入額に応じてマイレージを貯めることができます。

日頃からクレジットカードを使って通販で購入している人は、まずこのサイトに来て利用したいサイトがあるかどうかを確認した方が良いでしょう。

また常に多くのウェブサイトでキャンペーンが行われており、得られるマイル数が多くなる時期があります。

キャンペーン時期には通常時の3倍から4倍、もしくはそれ以上のマイル数をゲットできる時もあるので定期的に確認しておくと良いでしょう。

種類が多い

ANA カードは通常のカードやプレミアムカードの他、

  • アメリカンエクスプレス
  • マスターカード
  • JCBカード
  • VISAカード

などの銘柄を選ぶことができます。

他にも他社のサービスがついている PASMO カード、 Suica カード、ダイナーズクラブカードなどから選ぶことができます。

例えば Suica カードであればショッピング利用金額に応じてマイレージが貯まる他、スイカがついているので自動チャージされるため JR をよく利用する人には便利なカードとなります。

このようにマイレージを貯めることだけが目的ではなく、他の目的のカードを利用しながらさらにマイレージを貯めることができるのです。

Suica カードや PASMO カード

Suica カードや PASMO カードのようなカードは、電車などを多く使う人にはおすすめです。

これらのカードを使ってチャージをするだけでもマイル貯めることができるめ、頻繁に交通手段を利用することにとってはマイレージを貯めやすくなります。

アメックス

また年会費こそ他のカードと比べて7000円と高いのですが、ANAアメックスには他にメリットがあります。

それはポイントをマイルに移行するための有効期限がないのです。

他のカードであれば有効期限が決まっているので慌てて利用することもあるのですが、期スパンでマイレージを貯める人には、ANAアメックスがおすすめです。

ただ年会費以外にもポイント移行コース参加費が6000円と高いため、長期間でマイレージを貯める人のためのカードと言えます。

ゴールドカード

他にもゴールドカードやプレミアムカードを利用すれば、年会費が高くなりますがそのぶんマイレージへの交換レートが良くなるため それぞれにメリットがあります。

ANAのワイドゴールドカードは年会費が14,000円からとなっておりであり通常のカードの2,000円と比較しても高額なことが分かります。

しかしそれぞれのゴールドカードには搭乗時ボーナスマイルが25%と大きいものであり、ANA VISA ワイドゴールドカードや、ANA マスターワイドゴールドカード、ANA JCB ワイドゴールドカードに関してはクレジットカードの利用額1000円対して10マイルの換算率となります。

他にもANAアメリカンエクスプレスゴールドカードであれば、100円で2マイル、 ANA ダイナースカードであれば100円で1マイルの換算率となっています。

これらは全て換算率が無料となっております。

一般カードを使うと10マイルコースを選ぶことにより、同じように1000円分の利用額に対して10マイル分の換算率となるのですが、移行手数料が税抜きで年度ごとに6000円かかります。

5マイルコースであれば移行手数料が必要なのですが、1000円分の利用額に対して5マイル分の換算率となるため半分になってしまいます。

そのためクレジットカードの利用額に応じて、ゴールドの方が得になることもありますのでよくご検討ください。

会員特典

またマイレージが貯まるだけではなく、ANAカードを作っておくと、

  • 空港免税店にて5%オフ
  • 機内販売10%オフ
  • ANA FESTA10%オフ
  • 他にもビジネス公開講座15%オフ
  • 提携ホテル宿泊割引など

お得な特典が多くあります。

特に飛行機を利用される方は搭乗マイルに対して以外のマイレージも貯めることができるのです。

ANAマイルにポイントを交換

楽天スーパーポイントや T ポイントを貯めていらっしゃる方多いではないでしょうか。

それぞれのポイントを交換して買い物の時にポイント分の値引きをこともできますが、これらを ANAマイルに変換することができるのです。

つまりこれまで上記のポイントサービスで貯めたポイントが全てANA マイルとして換算されるのです。

楽天スーパーポイントや T ポイントは、1ポイント1円で貯まっていきます。 これらをANAマイルに換算すると1ポイント0.5マイルになります。

これだけを考えると損をしている気分になるのですが、決して損はしていません。

貯めたマイレージをチケットに交換する時に、シーズンが3種類ありそれぞれ必要なマイル数が異なってきます。

例えば一番前の人が必要ないローシーズンの場合、5000マイルで東京から新潟、大阪から宮崎などの600マイルまでの区間の航空券と交換可能です。

つまり5,000マイル貯めるためには、楽天スーパーポイントや T ポイントを10,000ポイント貯めることで可能となります。

買い物を主に楽天市場や楽天ブックスを使っている方であれば、必然的に貯まっていくポイントといえます。

また Tポイントの加盟店は TSUTAYA やガスト、吉野家など200社近いと言われています。

またヤフーショッピングで買い物することが多い方であれば、 ポイントは貯めやすいといえます。

このため航空チケットが欲しい方にとっては、1ポイントで0.5マイルに換算できることは魅力的なのです。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードや、 T ポイントが貯まる Yahoo JAPAN カード、また他にも d ポイントが貯まる dカードを利用している方は それぞれのポイントを ANAマイルに交換することが可能なのです。

還元率で言えばANAカードに比べたら低いのですが、それでもすでにこれらのカードを使っている方でもANAマイルに交換することが可能ということです。

ドットマネーからメトロポイントへの交換サービス終了

ANAマイルをポイントサイトで貯めている人の多くは、ハピタスなどでポイントを稼ぎそのポイントをドットマネーに変換し、さらにソラチカカードを使ってメトロポイントに交換することにより、効率的にANAに変換することができていたのです。

手順が多いのですが、変換率が良いため利用者が多かったのですが、ドットマネーからメトロポイントへの変換が終了したためこの方法は使えなくなりました。

このことからポイントサイトを使っての大きなマイレージの獲得は難しくなりました。

家族合算

ANAマイルはある条件を満たせば家族のマイルを加算することができます

18歳以上であれば同居していて1親等以内の家族がANAカードを所有していれば合算可能です。

また18歳未満であれば同じく同居していて1親等以内でANAマイレージクラブの会員になっていれば合算可能です。

二人分のマイルを合算することにより家族一人分の航空チケットを無料でゲットすることも可能です。

注意点

ANAマイルをためるときに注意点があります。

それはマイルの有効期限が3年後の月末までとなってしまいます。

クレジットカードを使うとそれぞれのクレジットカードの有効期限が決まっており、この有効期限を伸ばすことができます。

例えば ANA VISA ワイドゴールドカードは有効期限が3年間で合計して最長の6年間マイルの有効期限が伸びます。

またANAアメックスを利用することにより、この有効期限がなくなります

このように長期間でマイレージを貯めるからにはゴールドカードやアメックスなどの利用も検討する必要があるでしょう。

国内旅行でマイルを貯める

ANA SKY WEB TOURを使って国内旅行をすることにより通常のフライトマイル以外にもプラスマイルが加算されます。

宿泊施設によって 加算されるマイルが異なってくるのですが、+500マイル を利用して2泊する場合は500マイル ×2日分の ANAマイルが貯まることになります。

飛行機を使ったとしても通常のフライトマイルだけではなかなかマイルはたまらないのですが、このようにプラスマイルがあるとマイルを貯めなくなります。

またツアーを使わなくても、ANA定形でホテルを使うことにより一泊あたり150から500マイルためることができます。

さらにホテルの料金にANAカードを使うことにより、200円の利用ごとに1~2マイル止めることができます。

例えば出張などでよく国内のホテルを利用する方は、マイレージを貯めやすくなっています。

提携先のホテルは多く、国内のホテルを利用するときは必ず提携してるのかどうか確認するようにしてください。

またANA カードの提示がないとポイントがたまらないので注意をするにしてください。

ANAマイルを貯める人は、ソラマチカードを使ってドットマネーからメトロポイントへ変換することにより大きな還元率を得ていたのですが、ドットマネーからメトロポイントへの変換のサービスが終了したことによりこの方法が取れなくなりました。

しかし ANAマイルは飛行機乗らなくてもボーナスマイルが貯まるなど、普段飛行機を使わない人のとってもマイルを貯めやすいサービスといえるでしょう。

特に ANA カードを普段の買い物にできるだけ利用することによって、ANAマイルを貯めることができるのです。

しかし一般カードの多くはマイルへの交換をする時に、有効期限が3年と決まっており、長期間にわたってマイルを貯めたい方はこの期限を伸ばすためにゴールドカードやアメリカンエクスプレスカードを使うことを検討する必要があるでしょう。

また Suica カードや PASMO カードのように他のサービスを使いながらマイレージを貯められるカードもあり、それぞれの生活に合わせてカード選ぶと良いでしょう。

例えばよく JRや関東の私鉄を使う方はチャージするたびにマイレージが貯まるため、これらのカードのメリットが大きくなります。

電車を使えば使うほど マイルが貯まるのです。

マイルを貯めることにより、国内線や国際線の航空券と交換できる他レストランやホテル、ショッピングへと交換することもできます。

普段飛行機に全く乗らない方でも、工夫をすることによりマイルを貯めることができるので是非実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お問合せ