世界一周を夢見て、航空機にお得に乗る方法をご紹介しますウェブマガジン - JAL・オン・ANA

ANA Suicaカードについて

ANA Suicaカードとはご存知でしょうか。

ANAのクレジットカードならば使ったことがある、聞いたことがあるという方が多いと思います。

めまぐるしく変化する社会に対応するべく、便利なサービスを提供するために作られたカードがANA Suicaカードです。

この記事では、ANA Suicaカードとは何かについて基本的な情報を紹介していき、付帯サービス、ワールドプレゼント、デメリットなどについて触れていきます。

この記事を読んで一人でも多くの方がこのカードを手にしたいと思っていただければ幸いです。

ANA Suicaカードとは?

ANAカードなら知っているという方が大半だと思います。

では一体ANA Suicaカードとはどのようなクレジットカードなのでしょうか。

ANA Suicaカードとは全日本空輸のブランドで発行されているクレジットカードです。

一見すると全日本空輸株式会社が発行しているクレジットカードのように思われますが、これは間違いです。

カード自体はANAのブランドを冠していても、発行会社は三井住友カードになります。これは間違えやすい情報なのでぜひ知っておくべき情報です。

主にどのような方に向けて発行されているカードかというと、基本的に大学1年生以上の学生、もしくは社会人向けのカードとなります。

申し込み基準として18歳以上の方となっているため、卒業間近の高校生などもぎりぎり申し込める可能性があります。

年会費は税抜きで2000円となっており、初年度の年会費は無料となっています。またカードの名前にANA Suicaカードとあるように、全日本空輸と東日本旅客鉄道が提携しているカードになります。

快適な空の旅にも、電車でも使っていただける大変便利なカードがこのカードの特徴です。

また、年会費をもっとお安くすることもできます。

申込時に、マイペースリボとWeb明細サービスをインターネットから登録すると税抜きで500円まで抑えることができます。

ちなみにこの二つの用語に触れておくと、

マイペースリボとは

無理なくお買い物代金を分割して、何ヶ月かにわたってご利用代金を支払っていく制度です。手数料こそかかるものの、高額な決済をした場合には使う方も多いです。

一方

Web明細サービスとは

毎月のお買い物代金を郵送による紙の通知ではなく、インターネット上でいつでもみられる形にした物がWeb明細サービスになります。

アプリをダウンロードしなければいけませんが、紙を消費しないので環境に優しく、いつでもスマホ一つでお支払金額がご確認いただけます。

さらにこのWeb明細サービスを登録すると、1ヶ月程前から次の月のお支払金額や引き落とし日がメールで届くので、支払いに忘れることがすくなくなるといえます。

どちらも大変便利なサービスですのでカード会員様はぜひ登録、利用すべきです。

クレジットカードの利用枠についても紹介していきたいと思います。

このカードの基本利用枠は10万円~80万円までとなっています。

上記でも紹介したとおり、リボ払いもご利用いただけますし、必要に応じてキャッシングもご利用いただけます。

キャッシングをご利用する場合は、カード入会時にインターネットから申し込みを行い、登録欄にキャッシング枠を希望するにチェックマークを入れておくとスムーズにキャッシングが行えます。

もちろん1回払い、2回払い、ボーナス払いなども行えます。お支払い日は15日締め、翌月10日払いとなっています。

ANA Suicaカードの付帯サービス

1ではANA Suicaカードの基本情報を紹介してきました。

ここではカードの付帯サービスについて見ていきたいと思います。

カードにもSuicaと名前が表示されているように、このカードには地下鉄やバスで使えるスイカ機能がクレジットカードに付帯されています。

いわばクレジットカードとスイカの一体型カードと言っても過言ではありません。

ただスイカが付帯されているだけでなく、このカードの便利な点はスイカ機能がオートチャージに対応していることです。

オートチャージに設定することでいつでも駅の改札をスムーズに通過することができます。またオートチャージをして改札をくぐり抜けることでポイントもたまるので、一石二鳥です。

モバイルSuicaの年会費が無料になる点も魅力的です。通常ですとモバイルSuicaを利用すると1030円の料金がかかってきますが、このカードに加入するとそれが無料になります。

また、このカードには電子マネー決済にも対応しています。主にiDが主流となっておりお近くのコンビニやスーパーなどでレジにある機会にタッチせいていただければ、決済がスムーズに進みます。

iDが使えるANA Suicaカードの主な加盟店としてコンビニエンスストアですと、セブンイレブンやココストア、タクシーだと大和、東京無線となっています。

ガソリンスタンドではエネオスでご利用でき、ショッピングでは紳士服のフタタ、Reraなどでもご利用いただけます。

コンビニだと200円ごとに1マイル、タクシーなどだと100円ごとに1マイルたまっていきます。

このカードを持っていると、ANAスカイホリデーやANAハローツアー、機内販売など最大で10%オフになります。何がお安くなるかというとANA国内パッケージツアー、海外ツアー、国内線などでの機内販売商品の割引などお得なことがたくさんあります。

よく旅行に行く人や会社で出張が多い人は持っていて損のない一枚だと言えます。飛行機でこれだけのサービスが受けられればとても満足のいく旅が楽しめるのではないでしょうか。

国内および海外旅行保険が最大で1000万円まで付帯されているので、何かあったときにも役に立ちます。

ワールドプレゼント

このカードに限らず三井住友カードが発行しているカードならば全て当てはまりますが、ワールドプレゼントというサービスもついています。

これはどんなサービスかというと、端的に言ってカード決済でたまっていったポイントを100ポイント単位で好きな商品と交換できるサ-ビスです。

一例を挙げると、車、掃除機、コップや歯ブラシなど交換できる商品はあげればきりがありません。商品が豪華になればなるほど必要とされるポイント数も高く設定されており、車などは数万ポイント以上をためなければ交換できません。

景品と交換だけでなく、ふるさと納税への寄付、赤十字社への寄付、募金全般など使用目的は多肢に渡っています。ポイントの使い方や景品の交換は人それぞれ異なってきます。

ポイントを景品と交換するだけでなく、毎月のお買い物代金にキャッシュバックしたり、マイルと交換することも可能です。

しかし、お買い物代金のキャッシュバックにポイントを充てると、割引額が少なく損をしていると言うことがあります。

例えば、現在500ポイントがたまっていると仮定しましょう。

これをアマゾンギフト券などと交換するとポイントをそのまま券と交換できますが、お買い物代金に充てる場合はこれが適用されず、適用されても少ししか割引になりません。これはその方の毎月のお支払額などによっても若干キャッシュバック額は変わってくるので、一概にどれくらい割引になるかは断言できません。

こういったことを考慮するとやはりポイントを景品と交換するか、アマゾンギフト券と交換する方が得策だと言うことです。

ワールドプレゼントの魅力をもう少し紹介していきたいと思います。

ワールドプレゼントは日々のお買い物、特にスーパーやコンビニなどで食品をカードで支払った場合にポイントがたまっていきますが、ポイントを数倍もしくは数十倍に増やしてお買い物をすることができます。

三井住友カードでは「ココイコ」というショッピングモールのようなサイトを開設しています。これは三井住友カードに加入している方限定で利用できるサイトです。

ココイコとはカード利用者様にポイントを大還元するべく、毎週金曜日や特定のお店でカードを利用するとポイントが2倍~最大20倍たまるようになっているサイトです。

事前に行きたいお店にエントリーしてからカードを使わなければいけないというルールがありますが、通常のお買い物よりもポイントが数倍たまっていくのならば多少の手を惜しんでも登録するべきサービスです。

上記ではコンビニやスーパーを挙げましたが、実際にご利用できるお店は幅広く高島屋、かっぱ寿司、洋服の青山、びっくりドンキー、マツモトキヨシなど数えればきりがありません。

また、ココイコの面白い点として

  • ポイントを数倍ためるようにエントリー
  • それとも毎月のお買い物代金から数%キャッシュバック

するかの2通りの選択肢があります。

今月はたくさんお買い物を楽しんで支払いがきついと感じる人はキャッシュバックを選んでもいいですし、ポイントをたくさんためたいと考えている方はエントリーを行ってカードで支払いを済ませればよいことになります。

逆に言えばこれを知らずにカードでお買い物をすることは損をしていると言っても過言ではありません。

カード利用者の方にはぜひココイコを利用してポイントをたくさんためていくことをおすすめします

ANA Suicaカードのデメリット

ここまでこのカードの基本情報からお得な使い方まで主にメリット面を述べてきました。このセクションでは逆にどのようなデメリットがあるのか、カード利用者側に立ってみた気づきを紹介していこうと思います。

デメリットはいくつか考えられます。

発行スピードが遅い

まず、カードの発行スピードが遅いという点が挙げられます。

こればANA Suicaカードに限らず、三井住友カードなら全て当てはまりますが、とにかく申し込んでから自宅にカードが届くまで時間がかかります。

2週間程度で届いたカードもありますが、このカードは最低3週間程度はかかります。

なぜカード発行が遅いかというと、元々信頼のある会社なので申込者が殺到していて事務処理に時間がかかっている、もしくは信頼がある会社だけに審査は慎重に行っているという2つの側面が考えられます。

三井住友カードは世界的なゴルフの大会のスポンサーともなっていますし、たびたびクレジットカードのCMがテレビで流れてもいるので知名度は抜群にあります。

さらに審査に落ちると書面で合否の案内が届くので、カードを早く利用したい方にとっては時間がかかります。

もう一つデメリットがあります。

なにか疑問点があったときにカード会社に電話をする方は多いと思いますが、そのようなときに三井住友カードに電話をすると待たされる時間が多く、一度電話をかけても「ただいま電話が大変混み合っております」という案内が必ずと言っていいほど流れるくらいです。

急いでいる人にとっては少々使いづらいかもしれません。

デメリットは個人的にこのくらいと感じています。総合的に評価してもこのカードは信頼性、認知度、使いやすさの点でもどのクレジットカード会社よりも評判がよいと思います。

まとめ

この記事では三井住友カードが発行しているANA Suicaカードについて基本情報から、メリット、デメリット、ポイントサービスなど様々な事を紹介してきました。

もう一度おさらいをすると、このカードはよく電車や飛行機になる方におすすめの一枚です。

スイカ機能がついているのでバスでもタクシーでも、電車でもこれ一枚で決済ができてしまいます。また、同時にポイントがたまっていく点も魅力的です。

年会費についても触れてきましたが、2000円と大変安く学生の方や社会人の方にも、安心して使っていただけるカードかと思います。

後半ではココイコについて取り上げてきました。

普段のカード払いでもたまるポイントが、ココイコに事前にエントリーすることによってもっとポイントがたまっていく仕組みだと紹介しました。

最近のクレジットカードは高額決済をしないとなかなかポイントがたまらないという方も多いと思いますが、このカードは少額決済でも多くポイントがたまっていくのでとてもよいカードだと言えます。

ぜひお好きな商品と交換してカードライフを楽しんでいただければと思います。そして、デメリットについても触れてきましたが、基本的にカードの発行スピード、電話の繋がりやすさ意外に悪い点はないと考えています。

発行スピードが遅いのは不満という方もおられると思いますが、審査をする上ではとても重要な問題です。

時間をかけているということは、それだけ慎重に審査しているので信頼できるカード会社と思って間違いありません。

この記事を読んで三井住友カードに申し混む方が増えれば幸いです。

関連記事

お問合せ